使える英語力をつけるには英語の本を読むことが有効

留学しても話せるようにならなかった、いうのはよく聞く話です。留学して英語力を伸ばす秘訣はとにかく毎日テレビやラジオの英語を聞きまくることです。そして英語を話さなければならない環境に身を置くことです。恥ずかしがっていては時間の無駄です。短期留学にしても必ず留学後の自分はどうなっていてほしいのかという目標を持ち続ける事です。目標があれば今自分が何をしなければならないのか具体的にわかってきます。また英語の本を読むのも英語力アップにはとても有効です。これは私が自分で経験したことで、最初は子供向けの本でもなかなか読み進めることが難しかったのですが、わからない英単語にその都度辞書をひくことをやめ、そのまま読み進めました。そのうちに何がこの本で大切な単語で、何がそうでないのかがわかります。どうしてもその単語の意味がわからなければ話が分からない時にようやく初めて辞書をひきます。私は私はアメリカの語学学校に留学したのですが、英語の本を読んでいたお陰で論文など難しい英語を書かなければならない時にも大変役立ちました。