アメリカの大学留学を目指す方法

アメリカの大学留学を目指す高校生が増えているようですが、どのようにすればよりスムーズに大学留学準備ができるのでしょうか。

まずアメリカの大学の入学システムについて考えてみます。アメリカの大学は日本の大学と違い入学試験というものが存在しません。ほとんどの場合書類選考が採用されており外国人が応募する際に必要なものとして、TOEFLスコア、高校3年間の成績表、志望動機や大学指定の題材のエッセイ、高校の先生からの推薦書などが挙げられます。

これらを準備するには、1年ぐらい前からでは遅すぎます。だいたい最低でも2年間ぐらい前からしっかりと作戦を練って綿密に準備を進めなければなりません。特にTOEFLのスコアを上げるのは至難の技で、この点数がネックでアメリカの大学進学を諦めざるを得ない生徒も多いので注意が必要です。

TOEFLの最も効果的な点数アップの勉強法は、やはりアメリカの語学学校でTOEFLの対策クラスを受講することでしょう。同じ目標に向かっている仲間たちとも出会え、お互いに切磋琢磨できる環境で傾向と対策がしっかり行える利点があります。アメリカの無料留学エージェントなどを使えば費用を抑えて学ぶことができます。

またアメリカの大学が日本と大きく違うのが高校の成績に対する評価の仕方です。アメリカの大学は出願者の高校3年間の成績を細かくチェックして、どういった教科をどのぐらい力を入れて努力したのかをつぶさに確認しようとします。ですから成績が悪いということは真面目に学生生活を送っていなかった証拠とみなされ、いくらTOEFLが高得点をあげていても合格できないこともあるのです。むしろTOEFLの点数が少々低かったとしても高校の成績が上位であれば十分難関校にも合格の可能性が出てきます。

さらにエッセイといういわゆる小論文も合格に大きな比重を占めるので決して手は抜けません。これも自分の力だけで書き上げるよりも留学専門の予備校などでプロの先生にサポートしてもらいながら自分の言葉で表現して書きがげていくのがベストです。

アメリカの大学への留学を決めたらすぐにでもこれらの準備に取り掛かることが大切です。それと同時に英語教材を使ったり英語スクールに通うなりして英会話力の上達にもある程度力を入れることをおすすめします。

PR
オーディオ|相互リンク募集中|PagerankExplore|安いダイエットジム|相互リンクダイレクト|相互リンク募集サイト|全身脱毛どこがいい|女性の人生|心の童話|驚愕頭部|出版したい人の集い|